-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-06-06 20:03 | カテゴリ:トレード内容
こんばんは。
現在99円を挟んでのもみあいとなっております。
以前ブログに書いた99.3のドル円ショートは-10pでなんとか決済することが出来ました。
ショートのまま粘ってもよかったかな…という雰囲気になっていますが、『失敗ポジション』だけにはやく切ってしまいたくなるというもの…

さて、前回言っていたユーロ豪ドルですが、一旦1.352で入ったものの、下に30pほど動いた際に動きが思ったほどではなかったので(ただの軽いガス抜きで終わって上に動き出しそうな雰囲気だった)ストップを1.358からエントリーの1.352に変更してなんとかやりすごしました。

結局ラインブレイクとなり、1.2~1.3のレンジから1段上げた1.4~1.3レンジに収まりそうな様子なので、とりあえず様子見しています。
上は1.4を目指しそうな勢いがあり、ここ最近の上下幅が0.1で、豪ドル円の上下幅が15円に収まりがちなのを考えると、豪ドルはまだ売られてもおかしくない状況かな…と見ています。
豪ドル円は一旦93円台をつけたので、いつとまってもおかしくないし、まだ下げてもおかしくない…かなと。
むしろここ最近の米の指標の振るわなさや豪の指標の悪化、国債市場の乱降下への警戒などから警戒感が強まり、ネガティブワードに反応しやすくなって90円までは下がると思っていた方が自然なのかな…とも。
なので、豪ドル円は90円&ユーロ豪ドルは1.4あたりまで様子見予定です。
今日は戻り売りで豪ドル円+10pでしたが、いい加減普段会社勤めをしながらスキャルで…というスタイルに疲れてきたので、年数回のスイングトレードに切り替えたいな~と思いつつ、エントリーを試すもつい15pとかで利食いしちゃうんですよね~・・・。
スポンサーサイト
2013-05-29 20:34 | カテゴリ:トレード内容
こんばんは。
本業の方でばたついてトレードに集中できず、レートをチェックするだけの日が多かった先週に引き続き、
今週は週明けに+10p、翌日に+10p、昨日は-40p、合計-20pとなっています。
ドル円は今月は指標が悪くてもあがり、良くても下がりでなんともやりづらい印象でした。

さて豪ドルの方ですが、ユーロ豪ドルがまるでドル円の時のようなあがりっぷりを見せていて、こちらも欧州の指標が横ばいでも買われ、利下げでも買われ…見通し云々よりもユーロ解体の危機がさった…という意識のみで動いているようにも感じました。
少し前まではキプロスの救済条件は特殊なキプロスのみに適用であって、ユーロ圏に適用するものではない…なんて言ってたはずが、結局は預金者負担の件はユーロ圏全体に導入の方向で進んでいるとか…。
利用している証券会社のニュースではあまり見かけない話題なので、欧州に住んでいるという人のブログを拝見して『あれ!?』と思いました。

週足でみると、ユーロ豪ドルのレンジが一段あがっており、しかもまだ真ん中あたり…まだ上への伸びしろがあるのが気になるところですが、とりあえず1.35付近のショートでストップはその上30~50pでオーダーを入れて様子をみようと思います。

2013-05-20 00:29 | カテゴリ:未分類
こんばんは。
前回のブログを更新したあと、+15p取戻し、その次の日に±0決済をし…と、実はまだ先週の記録を抽出していない為正確な数字を把握していない状態だったりします(そのためブログ更新もしていませんでした)。

さて、豪ドル利下げの件から売られ続けている豪ドルですが、ちょうど昨年も似たような時期に利下げがあり、その際には『売り推奨』の話があったな~と、過去の記録をチェックしていたのですが、残念ながらレートまでは記録に残しておらず・・・。こんな時のために記録していたのに抜けてますね

昨年6月に0.9585をつけていますが、売りを推奨した目標レートには少し届かない状態で切り返した…と記憶しています。
で、今回は前回と違って某社の推奨レート…というわけではありませんが、関係者の間では目標0.96とのことなので(前回値を目安にしているのでしょうか?)米指標の崩れで戻しつつ推移しはじめた事も考えると、やはり6月前後の切り替えしが濃厚なのかも…と意識しています。
1本ぐらい米ドル/豪ドルで持つのもいいな…とか思ってしまいますね。
あとは対ユーロなのですが、指標が予測通りなだけでも買いで反応し、利下げで売られる豪ドルと異なり利下げで買われるユーロ…。
イギリスのEU離脱を問う国民投票にからんだ協議が7月ごろとなると、絡んだ話題が6月に出ると思われ、さらに現在ユーロマイナス金利についての調査もなされているというウサワで…??
複数のEU加盟国がリセッションに入り、なのに買われているユーロです・・・ユーロと米ドルで豪ドルが買われだしたらと思うと、多少円高に巻き戻すことがあったとしても、豪ドル買いのチャンスなのかなぁと。
2013-05-14 23:41 | カテゴリ:トレード内容
こんばんは。
今日はドル円でロング+30p、ショートで-40p…合計-10pでした。
やはり落ちたところを拾う…が自分にはあってるのかな(というよりドル円が底堅いだけか)といった感じでした。

お昼にオンラインニュースで見かけた記事なのですが、アメリカのシェールガス会社が倒産した…との内容でしたが、理由は新エネルギーを採掘しすぎてバブルがはじけてしまった(エネルギー価格の下落)とありました。
経営に問題はなかったか?などの詳細はわかりませんが、これから新エネルギーに期待をよせている日本とは大きく差があるなと感じたニュースでした。

現在のドル円が101.85あたりで、102円トライか?という雰囲気がないでもないですが、今日は体力切れでその行方を見ることができそうになく…。
今日の豪ドル円を100.7付近で拾うか迷いましたが、ユーロでも米ドルでも豪ドル売りな様子だったのが気になって見送りました。
2013-05-10 21:40 | カテゴリ:トレード内容
こんばんは。
昨日もコツコツととったものの、たまにやってしまうアレ…

そう

成行でストップかけずに入ったら逆走しだしてどーしよっか?状態

とりあえず今日はドル円ロングで+90pだったので、夕方近くに1本-220pで決済しておきました。
今週はトータルで+240pほどだったので、結局は+20pとなんとか+ではありますが、実は3本入ったため
残り2本の含み損だったりします。
エントリーはショート99.35…はたして100円の壁は厚いのかどうなのか
とりあえずオプション突破のポイントでちまちま狙いながら、含み損をどうするか考えようと思います。

ところで…現在保有している投資信託の利益率が、計算間違いでなければ50%とすごいことになっています。
で、さすがにバランスがよろしくないので(当然株の率が突出している状態になっています)リバランスを薦められているのですが、当然(?)行先は債権なわけで…。
そこで『あれ?』と思ったのが、私が利用している会社がたまたまなだけかもしれませんが、近々株価は調整に入る…なんて可能性も…ないとは言えない
マーケットの神様のみぞ知る…ですかね

豪ドル/米ドルが1.0を切った瞬間があったようですが、対ドルにおける豪ドル買いのチャンスとなった場合、対円ではどこまで動くんでしょうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。