FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-05-07 20:37 | カテゴリ:トレード内容
こんばんは。
昨日からスマートホンデビューしまして、ガラケーとのトレードのしやすさの違いに喜んでおります。

さて、昨日はドル円ショート99.45→99.4を2枚重ねで+10pでした。
祝日&月曜にとれたという意味が大きいので金額は気にせずに…。

で、本日は豪ドルの政策金利発表がありました。
先月あたりからゴールドマンサックスが『豪ドルが過大評価を受けている』と言っていましたが、それでも指標は良し悪しで金利を下げるほどでも…??と思っていたのですが、利下げとなってしまいました。
丁度昨年の今頃にも利下げがありましたよね…。時期柄のお約束でもあるんでしょうか??

動くとしたら…で、実は豪ドル円ショート101.1→でIFOを入れていたのですが、それで今日はびっくりした事がおきました。

2枚重ねショート101.1→101.05で、なんと実際には100.888→100.950
ストップがひっかかったわけでもなく(ストップは101.3)、ショートがエントリーより上で決済されるなんて…???
なので方向はぴったりあっていてストップにもかかっていないのに-12pほどとなっておりました。
おそらくエントリーと決済が両方同時に行われて、それがちょうど急激な動きのせいでスプレッドに差が生じて…ということだと思いますが、さすがにすべるとか以前の問題では?と思うのですが、FXではめずらしくない事なのでしょうか?

とりあえず、他にも口座をもっていますので(他に2社利用しています)メイン口座の変更を検討中です。

今日はドル円でロングでひろっていたおかげでトータルでは+12pの『モヤモヤトレード』でした。


今後気になる話としては
①某有名投資家がドルショートでエントリーしたとかしてないとか??
②英でEU離脱派が躍進

個人的にはこの2点です。
①→売りが売りを呼んでどこまで売られるのか?
もちろん拾うチャンスと見て…という意味で。
②→以前どこかの調査結果で見かけたのが、ドイツでは4人に1人がEU離脱希望をしている…というものでした。
イタリアでも緊縮反対の動きになっていますね。
①+②=③??…で済めばいいのですが、①だけなら拾うチャンスとして見ていますが、足し算になった場合はちょっと怖いですね。
むしろ②を予測しているから①があるのかな??
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://pomupomuchirorufx.blog.fc2.com/tb.php/115-730b7ac7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。